のぼりに込められた宣伝効果と文化的風習

商売をされている方であれば、看板などと並びのぼりの重要性などもよくご存知かとは思います。移動式屋台や露店などにかかわらす、ひと目を惹くのぼりはそれだけで大きな宣伝効果を持っている事が知られています。看板だけではちょっと判りづらい店の特徴や、単にセールなどの目的に特化させたようなものまで様々な種類があります。こののぼりですが、最近では殆どのコンビニチェーンが商品やキャンペーンの告知に利用しているのをご存知でしょうか?店舗の駐車場の道路から見やすい位置に設置しある場合が多いと思います。近くを車などで通行する時などでも十分に宣伝内容が読み取れる程です。のぼりは通常縦長というイメージが強くあるのですが、ことコンビニなどででは設置方法を工夫して横断幕のように横向きに展開させるタイプのものまであります。皆さんも軒下などにピンと張られているのを一度くらいは目にしたことがあるのではないでしょうか?先程も言いましたが、のぼりの役割はもちろん店の商品の宣伝です。一番のポイントは実際に店の中に入ってその商品を見る前の段階で、お客さんに先入観を与えるという科学的な根拠も吟味されているのです。

いかにその商品を買う動機をお客さんに持って貰えるか、そのためには外観だけでは分からないようなメリットについての情報を提供する役割なども果たしているのです。さてこの大変便利で役立つのぼりですが、いざ発注するとなるとどこに頼んだらいいか迷うものです。昔ながらの老舗の業者もありますし、今時の若者に受けそうな前衛的なものを作ってくれる所まで様々あるからです。商売用ののぼりといえば、真っ先に名前が上がる所が商都大阪です!多くの方が地方都市や時には海外などからも評判を聞きつけては調達に集まる所であり、のぼり激戦区というイメージがあります。ここではヘタなものは売れない代わりに、値段もそれなりに張るというのが常識かもしれません。このような場所で購入するのぼりは当然ネットなどで注文して気軽に作れる数千円のものとは違い、数万~数十万というのが一般的な相場になります。

時代はどんどんハイテク化しているわけですが、どこまでもアナログチックな、のぼりの人気が下火になる事はありません。商売繁盛を祈って多くの方は験を担ぐ意味も込めて、のぼりを買い求めに遥々大阪までやって来るわけです。宣伝効果といえば現代的ですが、むしろ人の輪を尊ぶ日本人ならではの代表的な文化の一つと思いませんか。

コメントを残す